急性期から在宅、予防まですべてのリハビリテーションを担います。

医療法人 恒進會 バウムリハビリテーションセンター ロゴコンセプト関連サイトお問い合せ
ご挨拶と理念 施設のご紹介 ご利用案内 リハビリテーションとは 交通案内 よくある質問
リハビリテーションとは
リハビリテーションの種類






健康増進とは
日ごろから、心や体を鍛えることによって今の健康状態を少しでも高くしておけば(予備的能力を向上させておく)、万が一の病気やケガのときに軽症で済んだり回復が早くなったりするのではないかと考えられています。たとえば「筋トレで貯筋を増やし、元気に長生きしましょう」ということ。

リハビリテーションの種類 リハビリテーションには疾患別に種類があります。
  • 脳血管疾患等リハビリテーション
実用的な日常生活活動の自立を目的として、運動療法、物理療法、実用歩行訓練、日常生活活動訓練、応用的動作能力・社会的適応能力の回復訓練、言語機能訓練、聴覚機能訓練などを組み合わせて実施します。
実施日数の上限 180日
対象となる患者
  1. 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血等の急性発症した脳血管疾患又はその手術後の患者
  2. 脳腫瘍、脳膿瘍、脊髄損傷等の急性発症した中枢神経疾患又はその手術後の患者
  3. 多発性神経炎、多発性硬化症等の神経疾患の患者
  4. パーキンソン病等の慢性の神経筋疾患の患者
  5. 失語症、失認及び失行症、高次脳機能障害の患者
  6. 難聴や人口内耳埋込手術等に伴う聴覚・言語機能の障害を有する患者
  7. 顎・口腔の先天異常に伴う構音障害を有する患者
  8. 治療時の安静による廃用症候群その他のリハビリテーションを要する状態の患者であって一定程度以上の基本的動作能力、応用的動作能力、言語聴覚能力の低下及び日常生活能力の低下をきたしている患者
  • 心大血管疾患リハビリテーション
心機能の回復、再発予防を目的として、運動療法を実施します。
実施日数の上限 150日
対象となる患者
  1. 急性心筋梗塞、狭心症発作等の急性発症した心大血管疾患又はその手術後の患者
  2. 慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患等の慢性の心大血管疾患により一定程度以上の呼吸循環機能の低下及び日常生活能力の低下をきたしている患者
  • 運動器リハビリテーション
実用的な日常生活活動の自立を目的として、運動療法、物理療法、実用歩行訓練、日常生活活動訓練、応用的動作能力・社会的適応能力の回復訓練、などを組み合わせて実施します。
実施日数の上限 150日
対象となる患者
  1. 上・下肢の複合損傷、脊髄損傷による四肢麻痺等の急性発症した運動器疾患又はその手術後の患者
  2. 関節の変性疾患、関節の炎症性疾患等の慢性の運動器疾患により一定程度以上の運動機能の低下及び日常生活能力の低下ををきたしている患者
  • 呼吸器リハビリテーション
呼吸困難や日常生活能力の回復を目的として、呼吸訓練、運動療法を組み合わせて実施します。
実施日数の上限 150日
対象となる患者
  1. 肺炎、無気肺等の急性発症した呼吸器疾患の患者
  2. 肺腫瘍、胸部外傷等の呼吸器疾患又はその手術後の患者
  3. 慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息等の慢性呼吸器疾患により一定程度以上の重症の呼吸困難や日常生活能力の低下ををきたしている患者


― 次のいずれかに該当する方は「実施日数の上限」はありません ―

■ 失語症、失認及び失行症 ■ 高次脳機能障害
■ 重度の頸髄損傷 ■ 頭部外傷及び多部位外傷
■ 回復期リハビリテーション病棟の入院患者
泉北陣内病院内の病棟となります。




ページの先頭へ戻る

2005 Copyright Baum Rehabilitation Center All Rights Reserved.
プレハビリとは 維持期リハとは 急性期リハとは 回復期リハとは